トップページ >  症状別  >  脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の痛みやシビレを早期に改善する方法

kyousakusoukibiki.jpg

kanketuhakou.jpg

nazekaizen28.jpg




はじめまして こんにちは

ヤマヤセラピー札幌治療センター

山谷と申します。

当院の患者さんのうち60%の方が腰痛で来院されています。

その60%の腰痛のうち4割の方が脊柱管狭窄症の患者さんです。

比較的軽い殿部の痛みの方、また、足まで痛みやシビレが出ている方、5分位しか歩けない方-間欠性跛行(かんけつせいはこう)など様々な症状の患者さんがみえます。

この痛みの強さは狭窄症による神経の圧迫や炎症がどれだけあるかによって異なります。

中には、軽い狭窄症でたいしたこないよ!と いわれている方でも、ズレや歪みが大きい方は強い痛みが出る場合もあります。


脊柱管狭窄症=重症でもうダメ!
と悲観する事はありません。

適切な施術を行えば回復する見込みはあります。


コロナ対策

page top

脊柱管狭窄症の主な症状と原因



脊柱管狭窄症の主な症状




tietuku.png 足のシビレや痛み          tietuku.png 歩くと症状が出てくる

tietuku.png 立っていると強くなる      tietuku.png お尻から痛みが強い

tietuku.png 長く歩けない           tietuku.png 立ち話もつらい

tietuku.png 椅子や自転車が楽         tietuku.png 前かがみが楽 など

kyousaku3patan640.jpg



脊柱管狭窄症の原因



狭窄症になる原因の多くは 「加齢で起こる」と言われていますが、脊柱管狭窄症の根本の原因は、骨盤や背骨が常に歪んだ状態で生活していることによる脊椎の圧力が一定方向ばかりにかかり、その結果狭窄症になるのです。


重たいものを持つ仕事の人が狭窄症になるとは限りません


その人の歪み方により、自覚症状が右側または左側に出るのです。


脊柱管狭窄症になった場合、保存的なリハビリよりも積極的に腰の歪みやズレを矯正したほうが、自覚症状が改善されやすくなります。

page top

ヤマヤセラピーの治療方針

kaizenmukau.jpg



筋肉が縮んだり伸びたりすることで体は動いています。


tijimu610.jpg




筋肉は常に右側と左側で引っ張り合をしてバランスをとっています。


baransu610.jpg




全身の筋肉を全て緩めても歪みやズレは治りません。


yurumeru.jpg




背骨を中心に左側が固く右側は柔らかい状態の歪み(重要)


hidarimori610.jpg




左の筋肉を柔らかくし、右の筋肉を少し固くすることで全身のバランスが整います。(重要)


sebonebaransu610.jpg







これを可能にしたのが



全身の歪みを根本から矯正する「ゆさぶり法


yusaburi610.jpg


膝をかかえる姿勢で全身の筋肉を軽く揺さぶることで、体の歪みが根本から改善いたします。


強く押したりボキボキしないので、施術自体の痛みはありません


不調の原因は筋肉のバランスにあったのです。



page top

当院の特徴と施術の流れ

yamayatokutyoubana.jpg

tokutyou1.jpg

強く押したり、骨をボキボキ鳴らすようなことはいたしません。 施術はソフトで痛みもなく「よく魔法みたい」と驚かれます。

tokutyou2.jpg

筋肉を軽く揺さぶることで全身の歪みを整えます。 筋肉を帯ととらえ体系的に施術していきます。 当院は原因不明の症状の悪化を防ぎ、根本から改善することに特化した施術院です。

tokutyou3.jpg

なかなか改善しない症状であっても、根本の原因が分かれば改善可能です。 一般的な施術の場合、症状に対し押したり揉んだりいたします。 しかし、それだと単一で起こる痛みには対処できても、複雑に絡み合った症状には対応できないため、再発を繰り返します。



sejyutunonagare.jpg


 検査分析法
neizoueikyouirasuto.jpg

カルテの記入
お名前、住所、症状など必要な事項をお書き下さい。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

どこが痛いのかいつから、どんな時など詳しくお伺いいたします。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

検査分析 モアレ写真(希望者のみ) 痛みや不調の原因が画像にはっきり現れます。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

施術がしやすいようにトレパン(ジャージ)をご用意しております。(LL・L・M・S) ご自分でお持ちいただいてもかまいません。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

運動分析 筋肉の動きや関節の可動を見る検査をいたします。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

これまでの検査で根本原因がハッキリとし、いよいよ施術開始です。(ボキボキしない痛くない施術法です)







受 付 時 間

uketukejikan.jpg

page top

施術費用とアクセス・ご予約

gotu100.jpg


gotu100-1.jpg

2回目からは施術費用のみとなります。







webyoyakubana.jpg




webyoyakupc.jpgwebhajimete.jpgwebkakunin.jpg
お問い合わせ









アクセスバナー

トッページアクセス地図大








map-pakinngu3.jpg






セイコーマートが目印です

札幌駅北口を出て、正面右前方の40階建てマンションの右横を信号1つ北に
向かうと交差点の角にパワービルが見えてきます。(南に面しています)


●当ビル1階のセイコーマートが目印です。

入り口は東側です

ビルの右横にパワービルの入り口があります。(当ビル4階)

page top

当院の感染予防対策


治療院に通いたいけど感染が心配...。

身体は辛いけど不安で通いづらい...。

どんな対策をしているのか事前に詳しく知っておきたい。


1・業務用オゾン発生脱臭器




普段手が届かない狭い隙間まで殺菌しております。
オゾンが新型コロナウイルスの感染力を無くすことが確認されました!(奈良県立医科大学より引用)






2・高濃度CO2センサー




治療室内の空気を見える化。密を見える化し、安心な空間作りをしております。






3・マットは使用ごとにアルコール消毒




施術1回ごとに殺菌消毒しております。




4・飛沫感染防止シートの設置




受付前に飛沫感染防止シートを設置しております。




5・定期的な換気と加湿器の設置




待合室の定期的な換気と湿度を一定に保っています。




6・空気清浄機付き加湿器




治療室内の空気をきれいにして加湿しております。

page top

喜びの声

―はじめに、自己紹介をお願いします
 木村美穂です。(仮名)33歳です。
頸椎ヘルニア

―まず、当院への通院は、何がきっかけでしたか?
 最初のきっかけは、母の治療の為にどこか良い所がないか探していたんです。

それでこちらの治療院を見つけて、「ここだ!」って決めて母を通院させたんです。

そうしたら母は、1回目の治療ですたすた歩いてくるから「え??!?」と思って。

今までは、痛くて辛そうに足を引きずっていたので、その光景を見た時は信じられませんでした。
それで「私の首や肩こりも治せるかも!」って思って相談したんです。


―首や肩は、どのように調子が悪かったんですか?
 朝起きた時からずっと首が痛くて、起き上がるのはもちろん、寝返りするにも手で頭を持たないと動けない状態でした。
それが毎晩なので、ほとんど寝てないに等しかったと思います。

 それに(全然)下も上も向けなかったので、ラーメンとかはぬるくなってから手で持って食べたり、うがいも目薬も全く出来ずとても辛かったのを覚えています。

 それで整形外科でレントゲンを撮ってもらったら、
「骨が普通の人は奇麗なS字になってるけれど、あなたの場合は逆に曲がってるよ」と言われました。


―何か治療はされていたのですか?
 背骨が逆に反っていると言われて、マッサージとか電気をかける治療を1週間に3回行っていました。

 その前に整形外科で「首に筋肉をつける運動をして下さい」と言われたので、
寝ながら頭を上に突き上げるような運動を、ものすごく痛かったんですが、
首に筋肉を付けるためと思って続けていました。


―その後改善されましたか?
 いいえ? 全く変化が感じられなかったので、違う病院に行って8枚もレントゲンを撮られたり・・・。


―治療の結果、病院の考え方の違い、治療方法の違いがあったりで辛かったですね
 はい。それであまりにも辛くて脳外科に行った時にMRIで診てもらいましたら、首の頸椎の2か所が潰れており、ヘルニアということが分かりました。

その時先生にいつも首に筋肉をつける運動をしてる事を言ったら「それは逆効果だから、逆にどんどん潰れちゃうから止めて」って言われて・・・もうどうすればいいのか分からなくなりました。


―その間もお仕事は続けていらしたんですよね?
 はい。仕事の合間に治療して・・・という毎日でした。

―ここで山谷院長に質問です
木村さんの症状は、なぜ病院では改善されなかったのですか?

それは、行く病院によって診断結果が違う事、日常生活の指導や体操などの指導もまちまち、これでは患者さんは迷い困惑いたします。

木村さんのケースでは、首のヘルニアが直接の原因ではなく、首の湾曲の角度が問題であったため、運動によるリハビリで痛みが悪化する悪循環になっていました。

―それでは病院に行っても良くならないということですか?
それは違います。まず病院に行って検査をすることをお勧めいたします。

この痛みの原因は何かを知ることによって、対処方法が異なるのでまずは精密検査をすることが大切です。


―木村さんの場合は、運動療法が合わなかったのですか?
痛みが強いときは、運動することで悪化することもありますので
注意が必要です。


―はじめて治療を受けたときの感想はどうでしたか?
 先にお話した母の事があったので、私も大丈夫かも・・・という思いがありました。予約して初めての治療で、どんより重たくて筋肉もガチガチで右も左も向けずにいたのに、1回目でちょっと動けるようになって「あっ!」って。


―その後の治療経過はどうですか?
 先生のところで治療を重ねるうちに、今まで呼ばれても身体全体で振り返らなきゃいけなかったのが、首だけで振り向けるようになりました。
5回目くらいでは手で支えなくても夜寝返りができ、普通に朝を迎えられるまでになりました。


―普段の生活で変わったところはありますか?
 今では痛みが全然ないので痛み止めの薬に頼らない生活をしています。
 うがいや目薬が軽々出来るようになり、茶碗洗いやご飯支度も大変だったのに、全然痛くないので生活への支障がなくなりました。

 首の痛みが気にならない生活になったので、これからは、仕事や趣味を見つけて、いろいろな場所へ出掛けてみたいと思います。


―ありがとうございます
 こちらこそ、ありがとうございました。

患者さん喜びの声

―自己紹介をお願いします
 永田恵子です。54歳です。
kanja200.jpg

―まず、当院への通院は、何がきっかけでしたか?

 以前から体調が悪くて、困っていたんですが、昨年の冬腰が痛くて横断歩道を渡れず、誰かに助けを求めようと思っていた時、バス停にバスが停車したので、降りてきた人に「腰が痛いんです、助けて下さい。」と言うと、その方が「私も腰痛に悩まされていたんだけど、治ったのよ。紹介してあげましょうか?」、これが斉藤さんと出会った最初です。

山谷先生のところへ通院するきっかけとなったんです。

どのように調子が悪かったのですか?
 過呼吸による目まいや、足の筋肉の硬直がひどくて、足が一歩も前に出ない状態が、かなり続いていたんです。

 仕事をしておりますので、過呼吸予防策としては深呼吸に心掛け、足の痛みについては病院で処方された薬を飲み続けていました。それが、一年以上も続いていたんです。

病院では、脊柱管狭窄症と診断されたんですね
 そう言われました。
また腰の4番と5番の骨の間が狭くなっていると言われました。
3ヶ月くらい様子をみて痛みが改善されないようであれば、手術しなければいけないとも言われました。

診断後の治療経過(リハビリ)はどうですか?改善されましたか?
 改善されませんでした。
冬が来ると歩けないので、仕事も辞めようと決意していた矢先に斉藤さんに出会ったのです。


山谷先生に質問です 脊柱管狭窄症は手術しないと治らないのですか?

そうとも限りません。
病院で、脊柱管狭窄症と診断されると、痛み止め薬、血液をサラサラにする薬、筋肉を柔らかくする薬が処方されます。
まずはこの薬を2から3週間くらい飲んでリハビリを行うのが一般的です。
このリハビリで改善されなければ、手術をすすめれれることもあります。

手術の前に、根本の原因になっている骨盤の歪みや背骨のズレを矯正し、お体が正常に動作できるよう整えることが大切です。


根本の歪みを治すと痛みは軽減するのですか?
はい、特に骨盤と背骨を中心に整えることにより
長く歩けるようになった、足の痛みが軽くなったなど改善が見られます。

改善されないケースもありますか?
はい、あります。
脊髄の変形が大きく、神経の圧迫が強い場合は改善されず手術となるケースもございます。

実際に施術してみないと分からない場合もあります。

永田さんの場合は、骨盤のねじれが大きく股関節もズレ、それが脊柱管狭窄症を悪化させていた原因となっていたようです。

永田さんのようなケースの患者さんは多いのですか?
はい、多数いらっしゃいます。
この脊柱管狭窄症は神経の通る穴が狭くなる骨の変形ですが
骨盤や股関節、背骨の歪みが大きい場合は、自覚症状が強く出る場合が
あります。

当院で初めて治療を受けた後はどうでしたか?
 まず痛みが軽減されました。ただ、痛みが軽減されただけではなく、山谷先生にかけて頂いたお言葉だったり、伝わる思いがありましたので、「体の治療法はもとより、痛みと戦っている私の気持ちを理解して頂いているんだな。」という、安心感により治療の回数が二回、三回と重なっていくうちに、みるみる軽減されていきました。

その後の経過はいかがでしたか?
 掃除の仕事をしていて、一日中重いモップで床を掃いているのですが、以前より痛みを感じなくなりました。特に冬は床の汚れがひどくなるので、無理なくできるようになったのが嬉しいです。

普段の生活はどのような変化がありましたか?
 以前は痛みによる体の負担もありましたが、「仕事ができなくなるんじゃないか」とか「もう辞めた方がいいんじゃないだろうか」という心の不安も大きかったように思います。

しかし、山谷先生の治療のおかげで痛みが改善されると、
気持ちがずっと楽になりました。精神的に安定した日常生活を送る事が出来るようになりました。
これが私の一番の変化だと思います。

今、お体の方はどのような状態ですか?
 痛み自体は大分軽減されていますが、おおもとの原因が体の歪みからきているんですよね。
だから定期的に治療を続けて、体の中をきちんと改善していきます。

ありがとうございます。
 ありがとうございました。

患者さん喜びの声

―はじめに、自己紹介をお願いします
 西川 浩代 50歳です。
yamadaai.jpg


―A:まずお伺いしたいのですが、いつごろから痛みや現在の辛い症状が出始めましたか?

症状の兆候が出始めたのは中学生頃からです。肩凝りから始まって、10代の頃からよく頭痛と首が痛かったのを思い出します。それから特に痛みが強くなったと感じたのは、4,5年位前からでした。症状としては目がゆらゆらするというか、いつも小さな地震が起きているように、全体的にずっと身体がゆらゆらっとしている感じが続いてました。


―A:お辛いですよね。通常の生活をされていても大変だと思うのですが、その間に病院には行かれたことはございますか?

はい、3年位前から、自分でも何が悪いのか全然分からなかったのですが、目の前がゆらゆらしたりとか起き上がる時にぐるんと回ったりとかするので、その症状をいろんな病院で診てもらったんです。
でも、原因がわからなかったです。

―病院でよく言われるのは、「異常は特に見当たらないですけど、お辛い症状がありますよねー。」という感じですよね

はい、そうです。


―その時に病院から、例えばお薬の処だとかか、リハビリを始めましょうという治療は特に言われませんでしたか?
リハビリの指示はなかったと思います。湿布と痛み止めだけですね。
リハビリは無く、湿布と痛み止めをいただきました。


―お薬の効果はいかがでしたか?

効果はありませんでした。


―やはりそういった中でもお仕事や、日常生活を過ごさなければいけないと思いますが、お辛いときはどうされていたのですか?

3年位前からは体調がとても悪くなり、体全体の不調が起き始めて、めまいがしたり、首、肩、腰、膝、足首と全部痛かったので、起きていられる状態がどんどん少なくなっていき、こちらの治療院に来る一年前までは寝込んだ状態が続いていて、日常生活がほとんどできませんでした。


―それでは、お仕事も出来ない状態ですよね?
はい、ほとんどしておりませんでした。


―大変な状況ですよね
本当に大変でした。

山谷先生に質問です

なぜ、こんなにも痛く辛いのに病院で検査をしても異常がないのですか?

頭痛やめまいの原因は、骨盤が歪んだ為に背骨が曲がり、その歪みを頭でバランスをとるために、結果的に首がズレるケースもあります。その場合、首のズレからくる症状として頭痛、めまい、ふらつきなどがあります。
この頭痛やめまいの原因は、あくまでも首からくる症状なので、頭部のMRI,CT検査では異常が無いと判断されます。
この他、耳鼻科で検査しても同じく異常なしと言われます。


ストレスからもこのような痛みが出てきますか?
出てくる方もいらっしゃいますが、病院で検査しても異常が無い方のほとんどはストレス性ではなく、ある特定の原因があります。
西川さんの場合は骨盤や体の歪みが根本の原因でした。

病院で症状訴え過ぎると、検査では異常がないので「ストレスからきている症状です」と言われ精神的な薬を(安定剤など)を処方されます。


先生の治療院でも病院で検査をして異常ない方は多く来院されていますか?

病院で検査をされて何らかの異常がある人の割合は100人中40%位で、60%方は痛いのに異常がないというケースです。(当院割合)
その痛みには必ず原因があります。たまたま検査で見つからなかっただけです。



―そういった痛みや、大変困難な日常生活であったと思うのですが、今回ご縁があって当院に来ていただいて治療受けてみていかがでしたか?

はい、改善の兆しは一回目からありました。身体がゆらゆらしているように感じる事がほとんどなくなって、2回目3回目でほぼ良い状態になりました。痛みもなくなり、ゆらゆらしなくなり世界が全く違う様に感じたのですごく楽になりました。


―2回目、3回目と、また今も受けていただいて、状態の方が良くなってきているということですが、今の状況いかがですか?

最初は特に首、右半身の痛みが、ものすごくありましたが、何回か続けているうちに、もう全然痛みがなくなり、痛みとゆらゆらとするのとが改善されたので、日常生活が普通に出来る様になり、とても元気になりました。院長先生に感謝しています。


―それは良かったです

実際に日常生活ができるようになって、今まで我慢していたことや、痛みがあってお仕事やご趣味などいろいろな制限があったと思うのですが、こういうことが出来るようになったとか、これからもっとこういうことをしていきたいな、というご希望はございますか?

今までは起きること自体がほとんどできず、通常の生活や仕事をすることが出来ませんでしたので、まずは仕事をパワフルにこなしていきたいというのと、できれば趣味に没頭できるように少しずつ頑張っていきたいなと考えています。


―あと他にお伝えしたいことなどございますか?
そうですね、やはり辛かったのは画面を見る事、テレビの画像が動いているときも、全部揺れている様に感じるんですよね。他にパソコンの画面の文字をスクロールするときや、携帯の文字をスクロールするときに、とにかく目が回るような感じというか、下から上に行く時にゆらゆらとするんですよね。そういった症状がほとんどがなくなったので、普段の生活をしているだけでも幸せを感じています。(笑)


―やはり余暇の時間も充実できるようになってくると楽しいですよね

はい、これからいっぱい楽しみたいと思います。


―ありがとうございました
こちらこそありがとうございます。

page top

治療院の選び方


お体に痛みや不調などを感じた場合、大多数の方はまず病院の整形外科などに行き検査をします。




しかし、何回か整形外科に通っていても治らないときに、整体・マッサージなどの治療院を探して通うことになります。




多くの方から「自分に合った治療院を探すのは大変」という言葉をよくお聞きします。




残念な事に、現在のところ整体やカイロプラクティックは国家資格ではありません。もちろん当院もそうですが、なかには不勉強な自称整体師・カイロプラクターが多いのも事実です。


ただ、国家資格のある先生だから良くなる!とはいえません。(表現が強いですが事実です)




問題はどのくらい勉強しているか、技術を磨いているか、痛みや不調を取り除いてあげられたかだと思うのです。




まずは、ここだと思う治療院に電話をしてみることから始めましょう。




ホームページやチラシ、雑誌、または近所の治療院の電話番号を控えるなんていうのもいいでしょう。
とにかく「ここならちょっと相談してみたいな」、「ここのホームページは気になるなあ」というような治療院があれば、まずは電話をしてみることです。




最低でも2、3の治療院に電話してみましょう。




ここでチェックしていただきたいのは、その治療院の電話での"対応"です。




○あなたの質問に対して専門用語を使わずにわかりやすく説明してくれるか。




○あなたの質問に対してさらに突っ込んだ話をしてくれて、的確なアドバイスをしてくれるか。




○あなたの立場になって、親身になって質問に答えてくれるか。




まずは、これらをチェックしてください。


そして、ここは自分に合いそうだな、とか他を探してみようなど判断してください。






ヤマヤセラピーでは川井筋系帯療法式・施術をしておりますが、私たちはそれだけが仕事とは思っておりません。


私たちの本当のお仕事は、お身体を正常に整えることにより、仕事も遊びも、人生がより豊かに変えられるようにサポートすることです。


治療は、そのための一つの手段に過ぎません。


元気なココロとカラダを、もういちど取りもどしませんか。



page top

必ずお読みください


施術をご希望の方は、必ずお読みください。


「コリがひどいのでマッサージして!」
「痛いところを、強く押して!」

このように自分の思うようにやって欲しい、ここをもんで欲しいとお考えの方には、当院の治療は満足いただけないと思いますので、来院を丁寧にお断りさせていただいています。


当院では、「歪みを治す」ことを目的としております。マッサージやリラックスが目的の方には対応できません。


ただ、私どもの仕事に向かう姿勢を分かっていただきたいのです。


わかって頂いた上で「ここの治療院は自分に合いそう」などの判断をして下さい。何故かと言うと、ご来院する時にはそれなりに「当院の姿勢」を納得してから来て頂きたいのです。


「治したい」と思われている患者さんを優先に応対させていただいています。ですから、患者さん自身も治療院を選んで下さい。


そして、このホームページをその判断材料にして下さい。

page top

よくある質問

Q.jpg健康保険は使えますか?


A.jpg当院は施術費が実費となっております。各種保険は使えませんのでご了承下さい。
tensen.jpg


Q.jpgクレジットカードは使えますか?


A.jpg現時点では対応しておりません。
tensen.jpg


Q.jpg健施術時間はどのくらいですか?


A.jpg初回は詳しく検査を行いますので、90分から110分必要になります。2回目からは60分位を目安に来院ください。
tensen.jpg


Q.jpg予約制と書いてありますが、当日でも予約は取れますか?


A.jpg予約が空いていれば、当日でもお取りできます。お電話かWEB予約にてご確認ください。
tensen.jpg


Q.jpg赤ちゃんや子供でも治療できますか?


A.jpg大丈夫です。当院では5か月の赤ちゃんから95歳の方が来院されております。tensen.jpg


Q.jpg何か用意していくものはありますか?


A.jpgご来院の際は、スカートでもズボンでもかまいません。施術前に更衣室で、下はトレパン(ジャージ)に着替えをしていただきます。ワンピースの方は、トレーナーやTシャツもご用意しております。普段の服装でお越しください。
(トレパン、トレーナー、Tシャツは、こちらで毎回用意しております)
tensen.jpg


Q.jpg施術は痛くないですか?


A.jpg強く押したりボキボキする施術ではなく、全身の筋肉を軽く揺さぶる治療法なので、施術自体の痛みはありません。
tensen.jpg


Q.jpg毎日通わないと良くならないですか?

A.jpgその方の症状により異なりますが、初回から数回は続けて通われたほうが治りは早くなります。(毎日でも施術は可能です)最初は1週間以上は空けないようにとお伝えしています。通い方は、その方の症状によっても変わってきます。初回の施術後、次回のご予約まで3週間以上空く場合はご自宅でできる体操もご指導しています。
tensen.jpg


Q.jpg病院で手術と言われていても大丈夫ですか?


A.jpgまずこちらでも詳しく検査をいたします。だいたいのケースは施術可能です。残念ながら見込みがない場合もあります。その時は検査終了後にお伝えいたします。
tensen.jpg


Q.jpg1回で治りますか?


A.jpg単純なズレだけなら1回で良くなるケースもありますが、複雑に絡み合った症状の場合、複数回施術が必要になります。
tensen.jpg


Q.jpg駐車場はありますか?


A.jpg専用の駐車場はございません。近くにコインパーキングが6か所ありますので、そちらをご利用下さい。
tensen.jpg

page top

 | トップページ |  次のページ 腰痛 坐骨神経痛

お問い合わせ

ヤマヤセラピーブログ

札幌駅北口徒歩3分

川井筋系帯式
ヤマヤセラピー札幌センター

〒060-0809
札幌市北区北9条西3丁目1-1
POWER BLD 札幌駅前 4階
  (パワービル)
TEL: 011-707-9700

・受付時間
午前9:00-11:00
午後2:00-6:30
・休日
月曜・年末年始・お盆期間

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、肩こり、、頭痛、骨盤矯正、膝の痛みや変形、アトピーなどに定評があります。

札幌市、石狩市、小樽市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、伊達市、帯広市、青森県など道内外各地から来院されています。整体、カイロプラクティックではない施術法です。

pagetop