トップページ >  症状別  >  脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の症状を早期に改善する方法

kyousakusouki-4-1.jpg

dekirukoto.jpg

kyousakuimeji.jpg
sizentiyu.jpg
subetetigau.jpg
nanigasitai2.jpg
nazekaizen4.jpg




●山谷より

みなさん こんにちは
ヤマヤセラピーの山谷と申します。

人が痛みを感じることは、ごく自然のことなのです。 体に無理をかけたり、長年の歪みや筋肉の偏りなどにカラダが反応して痛みが出ている状態です。


日常生活動作や、スポーツ(運動)、仕事や天候により痛みが出てきた時には遠慮なく来院してください。
私は、利用者さんの痛みと、そしてあなたとのご縁を大切にしたいと思っております。


当院が行っているのはリラクゼーションではなく、体の歪みを根本から矯正する施術法です。根本的な原因を取り除かないことで、多くの方がつらい症状をくり返しています。


その場合、筋肉のバランスが悪いために骨盤がズレ、背骨が曲がってしまい痛みやしびれ、疲れが取れないカラダになっています。


その場しのぎの「対症的な施術」ではなく、お体の根本から改善していきましょう。






筋肉が縮んだり伸びたりすることで体は動いています。


tijimu610.jpg




筋肉は常に右側と左側で引っ張り合をしてバランスをとっています。


baransu610.jpg




全身の筋肉を全て緩めても歪みやズレは治りません。


yurumeru.jpg




背骨を中心に左側が固く右側は柔らかい状態の歪み(重要)


hidarimori610.jpg




左の筋肉を柔らかくし、右の筋肉を少し固くすることで全身のバランスが整います。(重要)


sebonebaransu610.jpg







これを可能にしたのが



全身の歪みを根本から矯正する「ゆさぶり法


yusaburi610.jpg


膝をかかえる姿勢で全身の筋肉を軽く揺さぶることで、体の歪みが根本から改善いたします。


強く押したりボキボキしないので、施術自体の痛みはありません


不調の原因は筋肉のバランスにあったのです。









脊柱管狭窄症の主な症状









tietuku.png 足にシビレや痛み          tietuku.png 歩くと症状が出てくる

tietuku.png 立っていると強くなる      tietuku.png 腰全体が重だるい

tietuku.png 前かがみが楽           tietuku.png 椅子や自転車が楽

sekityuukannsamai.jpg

当院の利用者さんのうち60%弱の方が腰痛で来院されています。
その60%の腰痛のうち2割の方が脊柱管狭窄症の症状です。

初期の場合は、腰の痛みや足のひきつれなどの症状ですが、狭窄による腰椎の変形が大きくなると 500メートルくらいの歩行で腰から足にかけて重だるくなり、その場で休むとまた歩けるようになります。(間欠性跛行)

さらに悪化すると、100メートル歩くと足が前に出なくなり歩行困難になります。

kanketuhakou2021waku.jpg

背骨の歪みや骨盤のズレ、加齢などで脊椎が変形し神経が圧迫されてしまいます。

sekityuukannsamai.jpg



脊柱管狭窄症


神経をおさめている背骨(脊椎)の空洞(脊柱管)が加齢によって狭くなり、神経が圧迫されて腰痛や足の痛みやシビレが起こります。


加齢に伴って起こることが多く、基本的には、自然に治るということはあまり期待できません。


時には急激に症状が悪くなることがあります。全体としては時間とともに徐々に症状が悪くなることの方が多いようです。


腰から足にかけて電気が走るように痛む放散痛と、数分歩くと痛みで足がでなくなり、休むとまた歩けるようになる間欠性跛行が特徴です。

神経根・馬尾神経・混合型



足の痛みで歩けない|脊柱管狭窄症 (84歳 男性)

この方は両股関節と両足の痛みで来院されました。

春頃、急に左足が痛くなり、歩行も500メートルすると、足が前に出なくなり、休めばまた歩けるという(間欠跛行)状態が続いていました。

それでも8月頃まではジムにも週3回通い、ランニングと筋トレで汗を流していましたが、11月ころから急に痛みが強くなり、特に左足スネから足の甲までに激痛があり、左を下にした状態では5分と寝ていられなくなりました。


整形外科でのMRI検査では、脊柱管狭窄症と診断され、1ヶ月半痛み止めと筋肉を柔らかくする薬を飲んで様子を見たが、一向に痛みに変化はありませんでした。
あまりの痛みに耐えられず手術を覚悟しましたが、同居している息子夫婦に、「手術だけはしないでくれ」と止められたそうです。しかしご本人は痛みに耐えられず辛い日々でした。

そんな折、東京にお住まいの娘さんのご主人が当院のホームページをご覧になって、コピーしたものをご自宅に送ってくれたそうです。そして娘さんと一緒に、12月に来院されました。


初回の検査結果は、腰椎の4番と5番のズレが大きく、それが腰椎の2番と3番にも影響しており、背骨全体が歪んでしまっている状態でした。

1回目の施術が終わった後は、前に曲がって伸びなかった腰がピンと伸び、足の痛みが少し軽くなって歩きやすくなりました。そしてあれだけ苦しんでいた就寝時の痛みが軽くなり、夜中に2回くらい目が覚める程度で楽に寝られる様になりました。


施術4回目を過ぎる頃には、札幌駅から歩いて来院できるようになってきました。ここでご自分で出来る体操をお伝えし、自宅でもやっていただいております。

現在施術15回目、歩行時の痛みは少し残るものの、休まず歩けるまで改善してきました。 雪かきも出来るようになったそうです。


⇒ 脊柱管狭窄症のインタビューはこちらから


脊柱管狭窄症の症状は、改善可能です。

背骨のズレや歪みを正すことで、神経の圧迫が改善され痛みやシビレ、引きつれなどの症状が緩和されます。

kyousakuimeji.jpg

症状が少し落ち着いてきたら
自宅でできる脊柱管狭窄症を改善する体操をお伝えしています。

taisou2021.jpg



yugaminonaijyoutai.jpg どうして痛みや不調を感じるの? itamiyafutyoukanjiruirasuto.jpg

朝起きた時からすっきりしない。
睡眠時間はたっぷりとっているけれど眠たい。
いつも肩や腰が重たく痛い。
病院で検査しても異常がない、加齢と言われた。
特別な痛みはないけれど、体がすっきりしない。
あるいは、病院で骨の変形やヘルニア、狭窄症、手術と言われた。

体に現れる様々な疾患の根本原因は、カラダの歪みにあったのです。

背骨と骨盤の歪みは体の異常を知らせるサイン sebonenoyugamiirasuto.jpg

お体に異常を感じたら、まずは病院に行き内科的な疾患や外科的な疾患がないか調べます。

しかし、腰痛や肩こり、ひざの痛みなど「筋肉と骨格関節疾患」のうち、手術が必要となるケースは少なく、西洋医学では保存的施術(電気やリハビリ)が中心の施術が一般的です。

腰痛や肩こり、慢性疲労など「すぐには命に別条」はないけれど、それらの症状を抱えている人にとっては深刻な状態です。





体の歪みは内臓にも影響を与えます。
neizoueikyouirasuto.jpg

骨格と筋肉に歪みが生じれば、単なる肩こりや腰痛だけではなく、様々な病気の元になる場合があります。

内蔵や心臓などは筋肉によって背骨につながっていますし、子宮など下部にある臓器は骨盤の筋肉で保定されています。

このように内蔵と筋肉と骨格によって支えられ、そこから脳につながる自律神経の影響を受けている以上、骨格の歪みや筋肉のこりが生じれば様々な不調の原因にもなりかねません。




姿勢の悪さが症状の悪化につながる?

siseinowarusagaakuirasuto.jpg

何らかの原因によって歪みが生じると、平衡を保つため無意識のうちに筋肉によってバランスをとろうとします。

例えば、右の骨盤が上がっている人は自然に右肩を下げる姿勢になります。

すると背骨は必然的に左側に湾曲します。 この時、背骨のカーブを保とうとするために、筋肉は背中の右側が縮んで左側が引っ張られます。この状態が長期的にわたると筋肉の特定の部分が緊張し、凝り固まった状態になります。

背中が丸くなったり、肩が前に入ったりすると頭痛や肩こり、腰痛、疲労など様々な不調のシグナルが現れます。




骨格のバランスが良ければ体も健康になれる

baransukenkouirasuto.jpg

当院の施術を受けに来られる人たちの体形を検査して調べると、 最初は歪みが顕著に現れています。

それが何回か施術を重ね、 症状が楽になるにしたがって姿勢も良くなり左右のバランスが とれた体形になっていきます 筋肉や骨格に歪みが少ない人は、運動や同じ作業をしても 体力の消耗が少なく疲れにくく健康的な生活をおくることが出来ます。

baransukenkouakatyannirasuto.jpg


・遺伝子により顔や骨格が似てきます。筋系のバランスの崩れと背骨と骨盤の歪みも類似してきます。
「家系内因子」によるといわれ、親から受け継いだ症状や疾病(遺伝的)になることがあります。

・後天的な原因
日常生活や仕事の姿勢、運動や事故などで筋系のバランスが崩れると、
体の不調の原因になります。
筋肉の異常な状態は骨格や関節にも影響して歪みを発生させます。

yamayatokutyoubana.jpg

ヤマヤセラピー

tokutyou1.jpg

強く押したり、骨をボキボキ鳴らすようなことはいたしません。 施術はソフトで痛みもなく「よく魔法みたい」と驚かれます。

tokutyou2.jpg

筋肉を軽く揺さぶることで全身の歪みを整えます。 筋肉を帯ととらえ体系的に施術していきます。 当院は原因不明の症状の悪化を防ぎ、根本から改善することに特化した施術院です。

tokutyou3.jpg

なかなか改善しない症状であっても、根本の原因が分かれば改善可能です。 一般的な施術の場合、症状に対し押したり揉んだりいたします。 しかし、それだと単一で起こる痛みには対処できても、複雑に絡み合った症状には対応できないため、再発を繰り返します。




webyoyakubana.jpg

webyoyakupc.jpgwebhajimete.jpgwebkakunin.jpg お問い合わせ


sejyutunonagare.jpg


 検査分析法
neizoueikyouirasuto.jpg

カルテの記入
お名前、住所、症状など必要な事項をお書き下さい。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

どこが痛いのかいつから、どんな時など詳しくお伺いいたします。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

検査分析 モアレ写真(希望者のみ) 痛みや不調の原因が画像にはっきり現れます。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

施術がしやすいようにトレパン(ジャージ)をご用意しております。(LL・L・M・S) ご自分でお持ちいただいてもかまいません。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

運動分析 筋肉の動きや関節の可動を見る検査をいたします。

検査分析法

neizoueikyouirasuto.jpg

これまでの検査で根本原因がハッキリとし、いよいよ施術開始です。(ボキボキしない痛くない施術法です)







アクセスバナー

トッページアクセス地図大




map-pakinngu3.jpg


セイコーマートが目印です
札幌駅北口を出て、正面右前方の40階建てマンションの右横を信号1つ北に
向かうと交差点の角にパワービルが見えてきます。(南に面しています)


●当ビル1階のセイコーマートが目印です。

入り口は東側です

ビルの右横にパワービルの入り口があります。(当ビル4階)



hiyoubana.jpg hiyou2021-1.jpg

◎オープン25周年キャンペーン


今なら初見料、初回検査分析料の11,000円が
半額の5,500円になります。


・大人(1 回) 4,730円 (痛みのない歪みの矯正)
から5,940円 (手術といわれているケース)
(症状により異なります)

・中・高校生( 1 回) 3,300円

・小学生以下( 1 回)  2,200円

初見料、初回検査分析料 11,000円 → 5,500円(半額)
(25週年キャンペーン)
(大人・子供とも、初回のみ必要)




※初回は初見料と検査分析料、施術費用あわせて、10,000円前後
必要になります。


2回目からは4,730円から5,940円の施術費用のみとなります。



受 付 時 間

uketukejikan.jpg

整体、カイロプラクティックではない川井筋系帯式施術法です。
腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、肩こり、膝の痛みや変形、喘息、アトピーなど
どんな事でもご相談ください。
札幌市、石狩市、小樽市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、伊達市、帯広市、青森県など
道内外各地から来院されています。



問い合わせ電話番号
korona8.jpg


page top

 | トップページ |  次のページ 腰痛 坐骨神経痛

お問い合わせ

ヤマヤセラピーブログ

札幌駅北口徒歩3分

川井筋系帯式
ヤマヤセラピー札幌センター

〒060-0809
札幌市北区北9条西3丁目1-1
POWER BLD 札幌駅前 4階
  (パワービル)
TEL: 011-707-9700

・受付時間
午前9:00-11:00
午後2:00-6:30
・休日
月曜・年末年始・お盆期間

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、肩こり、、頭痛、骨盤矯正、膝の痛みや変形、アトピーなどに定評があります。

札幌市、石狩市、小樽市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、伊達市、帯広市、青森県など道内外各地から来院されています。整体、カイロプラクティックではない施術法です。

pagetop