トップページ >  症状別  >  椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの症状を改善



椎間板ヘルニアの主な症状



tietuku.png 足のシビレや痛み          tietuku.png 激痛で歩けない

tietuku.png 立っていると強くなる      tietuku.png お尻から痛みが強い

tietuku.png 痛くて目が覚める         tietuku.png 椅子でも痛くなる

herunia5-27.jpg

ヤマヤセラピーの利用者のうち60%弱の方が腰痛で来院されています。

その60%の腰痛のうち3割の方が椎間板ヘルニアの患者さんです。


比較的軽い症状の腰から殿部の痛みだけの方、また、足まで痛みやシビレが出ている方、5分と立っていられない方など様々な症状の患者さんがみえます。


この痛みの強さはヘルニアによる神経の圧迫や炎症がどれだけあるかによって異なります。


中には、軽いヘルニアでたいしたこよないよ!と いわれている方でもヘルニアの出る場所によっては、強い痛みが出る場合もあります。


その人の歪み方により、右筋系帯の歪みがある場合は右下肢に、

左筋系帯の歪みがある場合は左下肢に自覚症状が現れます。




herunia2021-6-8-640.jpg
herunia5-27-1.png




椎間板ヘルニアの原因


椎間板ヘルニアになる原因の多くは 「中腰で重たい物を持ち上げようとした時」第4・5腰椎当たりに負担が集中する事で起こるといわれていますが、椎間板ヘルニアの根本の原因は、骨盤や脊柱が常に歪んだ状態で生活していることによる椎間板の圧力が一定方向ばかりにかかり、その結果ヘルニアになるのです。

重たいものを持つ仕事の人がヘルニアになるとは限りません。

その人の歪み方により、自覚症状が右下肢または左下肢出るのです。

椎間板ヘルニアになった場合、以前は飛び出した髄核を手術で取り除かないと治らないと考えられていましたが、最近ではMIR検査などで飛び出した髄核が自然に吸収される例も多いことが分かってきたため、手術をしないで経過をみる場合も多くなっています。


椎間板ヘルニア=重症でもうダメ!と悲観する事はありません。

適切な施術を行えば回復する見込みはあります。

page top

前のページ 腰痛 坐骨神経痛  | トップページ |  次のページ 変形性膝関節症

お問い合わせ

Google+

ヤマヤセラピーブログ

札幌駅北口徒歩3分

川井筋系帯式
ヤマヤセラピー札幌センター

〒060-0809
札幌市北区北9条西3丁目1-1
POWER BLD 札幌駅前 4階
  (パワービル)
TEL: 011-707-9700

・受付時間
午前9:00-11:00
午後2:00-6:30
・休日
月曜・祝日・年末年始・お盆期間

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、肩こり、、頭痛、骨盤矯正、膝の痛みや変形、アトピーなどに定評があります。

札幌市、石狩市、小樽市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、伊達市、帯広市、青森県など道内外各地から来院されています。整体、カイロプラクティックではない施術法です。

pagetop