治療家ブログ トップ >  椎間板ヘルニア  > 手術後に痛みやシビレが残る

椎間板ヘルニア

手術後に痛みやシビレが残る

腰から足にかけての痛みやシビレで椎間板ヘルニアと
診断され、リハビリを受けても改善されず手術を
すすめられ、その後手術しても痛みが残る、シビレが
取れないなど、このような相談をよく受けます。

椎間板ヘルニア

ヘルニアによる神経圧迫の度合いが大きいケースは、
手術をしてもシビレが残ることがありますが、術後
1年から3年かけて少しずつシビレが楽になる
ケースもあります。

ヘルニアの手術後、痛みが残る場合もありますが
日毎に楽になります。


中には、そのまま痛みが取れずにいつまでも
痛みが続く場合があります。


痛みが取れないので、
術後もう一度MRI検査で見てみると
手術は成功しています
ヘルニアはありませんと言われます。

後は、腹筋や背筋そして歩いて運動して下さいと
指導されます。


では、なぜヘルニアの手術をして、
手術は成功したのに痛みが取れないのか?


それは、
痛みの原因が椎間板ヘルニアによるものではなく
骨盤や背骨、筋肉など他の原因によるものと
考えられます。

たまたまMRI検査でヘルニアが
見つかっただけなのです。


ヘルニアがあっても痛みやシビレがない人も
いるということはこういうことなのです。

椎間板ヘルニア 一覧へ戻る

page top

お問い合わせ

Google+

治療家ブログ

札幌駅北口徒歩3分

川井筋系帯療法式
ヤマヤセラピー札幌センター

〒060-0809
札幌市北区北9条西3丁目1-1
POWER BLD 札幌駅前 4階
  (パワービル)
TEL: 011-707-9700

・受付時間
午前9:00-11:00
午後2:00-6:30
・休日
月曜・祝日・年末年始・お盆期間

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、肩こり、、頭痛、骨盤矯正、膝の痛みや変形、アトピーなどに定評があります。

札幌市、石狩市、小樽市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、伊達市、帯広市、青森県など道内外各地から来院されています。整体、カイロプラクティックではない治療法です。

pagetop