トップページ >  ご案内  >  先生のstory

先生のstory

先生のStory

私は、1963年 北海道釧路市の理髪店を営む父のもと、男2人、女2人の
4人兄弟の長男として生まれました。

小学生の頃は、夏は野球、冬にはアイスホッケーに打ち込み、
中学・高校では野球部に在籍していました。

私の実家は床屋さんで、家業を継ぐため地元の理美容専門学校を卒業した私は、
技術向上のため 東京に修業に行きました。

東京で私が勤める事になったサロンは、全国に300店舗も加盟店のある
とても大きなサロンで、そこで10年ほど勤めて、最後は本店の店長を
任されるまで腕を磨きました。

修行が終わり、「今度は、自分磨きの旅に出よう!」と思い
北欧のノルウェーに行こうと決めました。

何故ノルウェーかというと、以前何かのテレビで見たとき、現地の方がすごく
良い人に見えて「ここならきっと自分自身を成長させることが出来る」と
思ったからです。(笑)

幸い退職金が出たので、「このお金が無くなるまで自分を磨きに行く!」と
みんなに言って、飛行機のチケットを買いに行く前の晩、知人が私のアパートを
訪ねてきて「自分の仕事を手伝ってくれ!」と、
知人は玄関の外で正座をしたまま1時間もその場を動きませんでした。

私は、「明日、ノルウェー行きのチケットを買いに行くんだ
(これから自分を磨く旅に出るだ!)」と、説得しましたが、
ずっと正座で訴え続ける知人に根負けしてしまいました。

東京の錦糸町にある知人の会社の中にはストレッチを主体とした治療サロンも
あり、私はそのサロンで身体のことを沢山勉強させてもらいました。

ある時、実家釧路の母が腰痛のために札幌まで車で六時間もかけて治療に
通っていると聞き、「よし、私が母の腰を治そう」と、帰省しましたが、
結果は良くならず、情けなさを抱えたまま東京に戻ってきました。

自分の未熟さを思い知らされた瞬間です。

そんなあるとき、東京西荻窪駅前の本屋さんで何気なく目に止まった一冊の本に
心を奪われました。

それは、今現在お世話になっている治療家が書いたものでした。

この本との出会いが私の人生の第二の転機になるとは、思ってもいませんでした。

私はさっそく、この治療家が開催している1年間の研修会・勉強会に参加し、
そこでまた色々なこと、より深いことを学ばせて頂き、空いた時間を見つけては
渋谷にある治療センターに行き、実地の研修もさせて頂きました。

私はそこでの患者さんの治癒率の高さにいたく感銘を受けたため、ここに勤めようと
決心したのです。

それから数年間、東京や横浜のセンターで勤めていたある日、
北海道の「札幌テレビ放送(STV)」から番組出演依頼がきました。

たしかGWの終わった5月半ば頃だったと思います。
「北海道には治療院がないのに何故?」なーんて思っていました。

私が出演したのはちょっと和久井の2時ですよ!という1時間の番組でしたが、
30分も私たちの治療院を紹介する内容で、後に聞いた話ですが、この放送の
視聴率がとても高く、全道から沢山の問い合わせがあったそうです。

私たちはそのまま札幌に留まり、全道から来る腰痛や肩こり、ひざの痛みを抱えた
患者さんSTVの会議室を借りて無償で治療していました。

「東京にはいつ戻れるだろうか・・・」と思っていた矢先、
STVから再び出演依頼がきて、2回もテレビに出演した反響は大きく、
いよいよ札幌にも治療院を開かなければいけなくなり、東京の治療院で北海道出身は
私だけだったので、恩師の「ハイ、君行きなさい!」
という一言で北海道に開院することが決まり、それが17年前、その後治療院を
譲って頂き、現在に至っております。

page top

前のページ 会社案内  | トップページ |  次のページ マスコミ取材情報

お問い合わせ

Google+

治療家ブログ

札幌駅北口徒歩3分

川井筋系帯療法式
ヤマヤセラピー札幌センター

〒060-0809
札幌市北区北9条西3丁目1-1
POWER BLD 札幌駅前 4階
  (パワービル)
TEL: 011-707-9700

・受付時間
午前9:00-11:00
午後2:00-6:30
・休日
月曜・祝日・年末年始・お盆期間

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、肩こり、、頭痛、骨盤矯正、膝の痛みや変形、アトピーなどに定評があります。

札幌市、石狩市、小樽市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、伊達市、帯広市、青森県など道内外各地から来院されています。整体、カイロプラクティックではない治療法です。

pagetop