トップページ >  症状別  >  腰痛 坐骨神経痛

腰痛 坐骨神経痛

腰痛

当院の患者さんのうち、約60%の方が腰痛で来院されています。

そのうち50%の方はヘルニアや狭窄症、スベリ症などと診断されています。

他の半数の方は、骨に異常がないのに痛みやシビレ、張りなどの症状を訴えて来院されています。

坐骨神経痛の原因

皆さんも痛みを訴えてレントゲンやMRI検査をしても異常ありません。
または、老化と言われたことがあるのではないでしょうか。

では、なぜ自覚症状があるのに検査をしても出てこないのでしょうか?

痛いところのみを検査して異常がなくても、お身体全体的に見るとこの痛い部分ではなく、その他の部分が歪み曲がっている為、結果的に痛みが出ているケースがほとんどです。

よって、痛いところのみを治療するのではなく、全体的に歪みを整えないかぎり、痛みはくり返しおこってきます。

page top

腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニア痛改善

 



椎間板ヘルニア比較


当院の患者さんのうち60%弱の方が腰痛で来院されています。

その60%の腰痛のうち3割の方が椎間板ヘルニアの患者さんです。


比較的軽い症状の腰から殿部の痛みだけの方、また、足まで痛みやシビレが出ている方、5分と立っていられない方など様々な症状の患者さんがみえます。


この痛みの強さはヘルニアによる神経の圧迫や炎症がどれだけあるかによって異なります。


中には、軽いヘルニアでたいしたこよないよ!と いわれている方でもヘルニアの出る場所によっては、強い痛みが出る場合もあります。


その人の歪み方により、右筋系帯の歪みがある場合は右下肢に、

左筋系帯の歪みがある場合は左下肢に自覚症状が現れます。


椎間板ヘルニア=重症でもうダメ!

と悲観する事はありません。


適切な施術を行えば回復する見込みはあります。


椎間板ヘルニアの症状

腰痛の中でも比較的強い痛みが出るのが 腰椎椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアの症状としては

1.腰自体の痛み
2.ヘルニアによる坐骨神経痛、下肢の痛み、シビレ

椎間板ヘルニアの症状は一般的に なんとなく痛い腰痛ではなく、激痛になる事もあります。

椎間板ヘルニア比較

腰痛原因

椎間板ヘルニアになる原因の多くは 「中腰で重たい物を持ち上げようとした時」第4・5腰椎当たりに負担が集中する事で起こるといわれていますが、椎間板ヘルニアの根本の原因は、骨盤や脊柱が常に歪んだ状態で生活していることによる椎間板の圧力が一定方向ばかりにかかり、その結果ヘルニアになるのです。

重たいものを持つ仕事の人がヘルニアになるとは限りません。

その人の歪み方により、自覚症状が右下肢または左下肢出るのです。

椎間板ヘルニアになった場合、以前は飛び出した髄核を手術で取り除かないと治らないと考えられていましたが、最近ではMIR検査などで飛び出した髄核が自然に吸収される例も多いことが分かってきたため、手術をしないで経過をみる場合も多くなっています。

左足の痛みとシビレ(椎間板ヘルニア)

この患者さんは、平成26年4月30日に来院(47歳 女性)

飲食店のホールでお仕事をされていた患者さん。以前から左足の裏側にシビレと痛みがありました。それが平成26年2月頃から悪化。立っていても座っていても常に痛みが強く、ついには仕事を続けていられなくなり退職をされました。

同年4月に整形外科でMRI検査を受けると、腰椎の4番と5番の間にある椎間板が飛び出ていて、ヘルニアと診断されました。飛び出ているヘルニアが大きいため手術をすすめられ、翌月5月中旬に平岸の病院で手術の予定でした。

手術をする前に一度行ってみては、と知人から強くすすめられ4月30日に来院されました。

初回時、お話をお伺いしていて飲食店のホールでのお仕事がいかに辛かったのか、もうこれ以上仕事すると日常生活もできなくなるそんな状態でした。


初回の施術から5回目くらいで左脚の痛みが徐々に軽くなり、(この時点で腰の手術を1ヶ月延期していただきました)中腰の姿勢も楽になって、2ヶ月ほどたった7月の初めに、知人が院長をしている病院で再度MRI検査をしたところ、「軽いヘルニアだから手術の必要はない」と言われたそうです。


全16回の施術でヘルニアが引っ込み、7月には念願だった自分のお店をオープンして頑張っています。


首の椎間板ヘルニアの患者さんの声はこちらから




左足の激痛(椎間板ヘルニア)

余市から来院されているこの患者さんは、平成25年7月に来院。(64歳 男性)

大工の仕事をされていました。10年前から腰の椎間板ヘルニアがあり、左足には激痛がありました。そして足に力が入らない、踏ん張りがきかずに、カクンと抜けてしまうという症状がありました。

それまではリハビリや電気治療でなんとか落ち着いていましたが、平成25年の初めころから徐々に痛みが強くなり、4月には歩くのも困難なほどで仕事ができなくなってしまいました。病院では手術したほうがいいと言われました。

そして、手術をうけるため少しお休みをいただこうと勤め先にお話したところ、大工の親方から「手術をする前にとにかく行ってみなさい」と、当院を紹介されたそうです。

実はこの親方も、同じく椎間板ヘルニアで立っていられない状態で来院し、改善されていたのです。

同年7月に来院。検査では腰椎の配列が悪く、背骨の歪みも強い状態で、左足の激痛によりほとんど歩けない状態でした。

初回の施術後、家の中を歩くのにも足の痛みが強すぎて苦しんでいたのが少し緩和され、痛みで夜も眠れなかったのが、2時間位は眠れるようになりました。

余市から車で2時間かけて、最初は週2から3回のペースで来院していただきました。 6回目頃から、夜も痛みが無く寝られるようになり、10回目ころにはお孫さんと一緒に歩いたりも出来るようになりました。 13回目頃、8月のお盆過ぎから仕事に復帰、週1回のペースで来院いただき、12月末(計19回)で改善しました。

平成28年1月に来院した際、元気で仕事ができました、とご報告いただきました。

page top

脊柱管狭窄症とは

当院の患者さんのうち60%弱の方が腰痛で来院されています。
その60%の腰痛のうち2割の方が脊柱管狭窄症の患者さんです。

初期の場合は、腰の痛みや足のひきつれなどの症状ですが、狭窄による腰椎の変形が大きくなると 500メートルくらいの歩行で腰から足にかけて重だるくなり、その場で休むとまた歩けるようになります。(間欠性跛行)

さらに悪化すると、100メートル歩くと足が前に出なくなり歩行困難になります。

脊柱管狭窄症比較

脊柱管狭窄症

脊髄をおさめている背骨(脊椎)の空洞(脊柱管)が加齢によって狭くなり 、神経が圧迫されて腰痛を始め脚の痛みやしびれが起こります。

加齢に伴って起こることが多く、基本的には、自然に治るということはあまり期待できません。

急速に症状が悪くなることは少なく、全体としては、時間とともに徐々に症状が悪く なることの方が多いようです。

腰から足にかけて電気が走るように痛む放散痛と、数分歩くと痛みで足がでなくなり、休むとまた歩けるようになる間欠性跛行が特徴です。

足の痛みで歩けない|脊柱管狭窄症 (84歳 男性)

この患者さんは両股関節と両足の痛みで来院されました。

平成27年春頃、急に左足が痛くなり、歩行も500メートルすると、足が前に出なくなり、休めばまた歩けるという(間欠跛行)状態が続いていました。

それでも同年8月頃まではジムにも週3回通い、ランニングと筋トレで汗を流していましたが、11月ころから急に痛みが強くなり、特に左足スネから足の甲までに激痛があり、左を下にした状態では5分と寝ていられなくなりました。


整形外科でのMRI検査では、脊柱管狭窄症と診断され、1ヶ月半痛み止めと筋肉を柔らかくする薬を飲んで様子を見たが、一向に痛みに変化はありませんでした。
あまりの痛みに耐えられず手術を覚悟しましたが、同居している息子夫婦に、「手術だけはしないでくれ」と止められたそうです。しかしご本人は痛みに耐えられず辛い日々でした。

そんな折、東京にお住まいの娘さんのご主人が当院のホームページをご覧になって、コピーしたものをご自宅に送ってくれたそうです。そして娘さんと一緒に、同年12月に来院されました。


初回の検査結果は、腰椎の4番と5番のズレが大きく、それが腰椎の2番と3番にも影響しており、背骨全体が歪んでしまっている状態でした。

1回目の施術が終わった後は、前に曲がって伸びなかった腰がピンと伸び、足の痛みが少し軽くなって歩きやすくなりました。そしてあれだけ苦しんでいた就寝時の痛みが軽くなり、夜中に2回くらい目が覚める程度で楽に寝られる様になりました。


施術4回目を過ぎる頃には、札幌駅から歩いて来院できるようになってきました。ここでご自分で出来る体操をお伝えし、自宅でもやっていただいております。

現在施術15回目、歩行時の痛みは少し残るものの、休まず歩けるまで改善してきました。 雪かきも出来るようになったそうです。
現在も施術中です。(平成28年1月23日)

脊柱管狭窄症の患者さんのインタビューはこちらから

page top

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症

椎骨が前方へズレる状態を言い、椎間板や椎体の前・後靭帯に緩みが生じて部分的に、腰椎がぐらついた状態です。

 

腰椎は生理的な前弯 (腰椎を横から見ると、お腹に向かって前方凸の弓状の姿勢)を有するため、下部の腰椎(第4腰椎や第5腰椎)では力学的に常に前方へずれようとする力が働きます。

ズレが大きくなると、神経が通っている脊柱管も曲がることになり、神経を刺激したり圧迫することで、痛みやしびれなどが現れます。

すべり症には、椎弓部が分離して起こる脊椎分離すべり症と、脊椎骨の関節が変形して起こる脊椎変性すべり症があり、椎間板ヘルニアや狭窄症を伴うこともあります。

腰椎すべり症

腰椎すべり症の症状

中腰の姿勢や、椅子から立ち上がる時、腰自体に痛みが走ります。
その後少しすると痛みは消えます。

寝返りや起床時の痛み。

歩行時の足の痛み、シビレ

悪化すると15分くらいの立ち仕事でも足に痛み、シビレが走ります。

page top

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛
坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛って

坐骨神経痛の原因


坐骨神経痛の原因には色々ありますが、一番多いのは仙腸関節のズレによる 骨盤の歪みでの神経の圧迫です。

その他には椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱分離症、脊柱すべり症、 梨状筋症候群などがあります。


坐骨神経は腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が 梨状筋の下を通り、大腿の後部の中央を通り細かく枝を出しながら下り 、膝の裏でふくらはぎとすねの骨の外側(小指側)に大きく分かれ、 さらに足の甲、足の裏まで続きます。

坐骨神経痛の症状は、足のシビレ・痛みが代表的ですが 足の冷えを感じることもあります。


症状を感じる場所は でん部(お尻)・太もも(前、横、後)・スネ・ふくらはぎ 足首・足の甲・足の裏・足の指に感じます。

坐骨神経痛の症状は、原則片方に症状を感じますが 坐骨神経痛の原因疾患によっては、 両足に痛みを感じることもあります。

page top

椎間関節性腰痛症とは

椎間関節性腰痛症

病院で骨には異常ありません。
老化ですと診断されている大部分がこのケースです。

椎間関節症腰痛は、年齢による椎間関節の変性で、上下の関節のかみ合わせが悪くなったり、接合面が傷んでくる症状です。

若い方でも、椎間板が薄くなる(つぶれている)事によっても発症します。

一時的に強い負荷がかかると激痛になる事も多く、 前屈よりも反り返ったときに痛みを感じます。

またそれとは全く逆で 発症時は軽い自覚症状だったのが、徐々に痛みが強くなるケースも見られます。

疲労時に腰が重だるく、体を休めるとだるさが軽減するという軽度の腰痛が、 場合によっては坐骨神経痛などを伴う場合もあります。

椎間関節痛

年齢とともに背骨の骨と骨との間にある椎間板の水分量が減りうすくなりますが、この場合は、ある1か所の椎間板がうすくなることが多いようです。

腰椎の4番と5番(背骨の一番下、骨盤のすぐ上)が一般的です。

椎間関節症の症状

1 ・ 30分くらい台所などの立ち仕事で、腰の中心から全体がつまるように重だるくなる。

2 ・ 30分から1時間くらい歩くと腰全体(時には、おしりの部分まで)がだるく椅子をさがしてしまう。

3 ・ 下肢の症状としては、坐骨神経の圧迫で足の後ろ側のひきつれや痛み、足の裏にシビレがでてきます。

page top

梨状筋症候群とは

梨状筋症候群(りじょうきん)

梨状筋の緊張による痛みは、よく見られる坐骨神経痛のひとつです。

坐骨神経を圧迫して出てくる痛みですが、骨盤の仙骨という骨から 股関節の外側にくっついている梨状筋と呼ばれる筋肉が緊張する事によって出 てくる神経痛もしくはお尻の辺りの痛みです。

梨状筋痛の症状

臀部の痛み
足の後ろ側の痛みやシビレ
筋肉痛のようなひきつれなどの痛みが特徴です。

梨状筋痛は下肢に症状がでることから腰椎ヘルニアからの痛みと間違いやすく、 悪化すると歩行できなくなります。

梨状筋症候群

page top

 | トップページ |  次のページ 変形性膝関節症

お問い合わせ

Google+

治療家ブログ

札幌駅北口徒歩3分

川井筋系帯療法式
ヤマヤセラピー札幌センター

〒060-0809
札幌市北区北9条西3丁目1-1
POWER BLD 札幌駅前 4階
  (パワービル)
TEL: 011-707-9700

・受付時間
午前9:00-11:00
午後2:00-6:30
・休日
月曜・祝日・年末年始・お盆期間

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、肩こり、、頭痛、骨盤矯正、膝の痛みや変形、アトピーなどに定評があります。

札幌市、石狩市、小樽市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、伊達市、帯広市、青森県など道内外各地から来院されています。整体、カイロプラクティックではない治療法です。

pagetop